半蔵門・麹町エリアの住環境・賃貸物件

半蔵門・麹町エリアの住環境・賃貸物件

四ツ谷駅エリアの東側に隣接するのが「半蔵門・麹町エリア」です。JR四ツ谷駅が新宿区の東端にありますので、その東といえばもはや新宿区ではなく、千代田区になります。
 

千代田区について

ということで、半蔵門・麹町エリアについて触れる前に、簡単に千代田区についてポイントを押さえましょう。
千代田区といえば、まずなんといっても皇居があります。文字通り「都会のど真ん中」なのですが、広大な森に貴重な自然が保たれています。そして三権の府、国会、最高裁判所、首相官邸が千代田区にあります。
かと思うと、サブカルチャーの聖地・秋葉原や、神田明神のある神田といった下町もあるところが、この区のおもしろいところです。
その千代田区の人口はというと、23区で最少、5万人以下です。全員で押しかけても東京ドームを満員にできない人数しか住んでいません。しかし昼間の人口は、人々が通勤してくるため、その20倍以上にもなります。100万人以上です。そのうちたったの5万人が千代田区に住んでいます。
東京都23区を平均年収でくらべると、千代田区は第2位になります。第1位は、白金、高輪、六本木、麻布、青山、赤坂をかかえる港区です。
そのリッチな少数の千代田区民が暮らすエリアが、「超一等地」、半蔵門・麹町エリアなのです。
 
半蔵門・麹町エリアのあらまし
 半蔵門は皇居のすぐ西側。最高裁判所があり、国立劇場があるほか、イギリス大使館やアイルランド大使館もあります。そういう土地柄ですので、半蔵門も麹町も警察官の巡回がひんぱんで、治安の良さは折り紙付きです。
 このエリアの建物はオフィスビルや高級ホテルが中心ですが、大きな通りから少し路地に折れると、低層型家屋のほか、単身者向けを中心にマンションも見られます。半蔵門駅、麹町駅の北側、一番町から六番町まである「○番町」に多く分布しています。
 千代田区の夜間人口は少ないと書きましたが、この理由から土日のこのエリアは閑散としています。飲食店が豊富にあるのですが、土日は営業していないところもめずらしくありません。この点は、四谷とその周辺のほかのエリアには見られない、半蔵門・麹町エリアのユニークな点です。
 
交通の便は最高
このエリアの中心は東京メトロ半蔵門線の半蔵門駅と東京メトロ有楽町線の麹町駅ですが、この両駅は新宿通りで近接しており、5~6分ほど歩くだけで簡単に路線乗り換えができます。
また、南に下がると東京メトロ半蔵門線、有楽町線、南北線が乗り入れる永田町駅、銀座線と丸ノ内線が乗り入れる赤坂見附駅があり、両駅は地下でつながっています。乗り換えて多方面に移動できます。
反対に北へ行きますとJR市ヶ谷駅があり、そこからJR中央・総武線各駅停車はもちろん、都営新宿線、東京メトロ南北線、有楽町線も利用できます。
これほど多方面に展開できる鉄道の選択肢があるエリアは、東京都内にもそんなにありません。JR東京駅から大手町にいたる「駅のコングロマリット」にはかなわないでしょうが、交通の便はこの上もなく良いと言えます。
 
半蔵門・麹町エリアの住みやすさ
このエリアの住環境、住みやすさの最大の特徴は、すでに記した治安と交通の便の良さでしょう。これ以外の点となると、「お金持ちはいいけど、ふつうの人にはちょっと……」といった感じが否定できないところも出てきます。
日常の買い物については、あまり大きなスーパーのようなものはありません。小型スーパーが点在しており、半蔵門駅ちかくの「マルエツプチ一番町店」、麹町駅ちかくでは「成城石井麹町店」、麹「よしや」などが利用できます。JR市ヶ谷駅の方にちかづくと選択肢が増えてきます。「マルエツ市ヶ谷見附店」、「成城石井市ヶ谷店」、「miniピアゴ九段南4丁目店」、「リンコス九段店」、「まいばすけっと九段南3丁目店」などがあります。
安い買い物をするためには有利な環境ではありません。ネット通販を利用すれば、多少たすかるでしょう。
飲食店は、前述のように豊富にあるのですが、土日がお休みという店もあるので注意が必要です。土日も確実に営業している飲食店は、新宿通り沿いのスターバックスや、二番町のデニーズあたりでしょう。それから、JR市ヶ谷駅ちかくであれば、独立経営の飲食店でも土日営業のところがあるはずです。東京ガーデンテラス紀尾井町やホテルニューオータニ、ホテルグランドアーク半蔵門といったホテル内のお店も利用できます。
皇居にはゆたかな自然が息づいていますが、一般の人は入れません。しかし周辺には千鳥ヶ淵公園、北の丸公園、日比谷公園など、一般の人が自由に入れる公園があります。日比谷公園では、都会のど真ん中なのにカワセミを見ることもできます。エンターテイメント施設はほとんどないエリアですが、公園で自然を楽しんだり、史跡を散策したりといった楽しみ方は可能です。
 
半蔵門・麹町エリアの治安は最高
繰り返しになってしまいますが、皇居のすぐ西側というこのエリアの治安は最高です。国会議事堂や首相官邸の周辺ほどではありませんが、外国の大使館が点在している関係からか、警察官の姿はよく見かけます。それだけ警戒を厳しくしているということです。リッチな大人の街でもあり、女性のひとり暮らしでも危険を感じることは少ないでしょう。
 
半蔵門・麹町エリアの災害ハザード
地震に関連する災害リスクが指摘されている場所は、このエリア内にはありません。徳川家康が江戸城を築いたところですから、地盤はしっかりしています。
洪水・浸水についても、JR東京駅付近にくらべると高台ですので、リスクは低くなっています。いわゆる「ゲリラ豪雨」によって、20~50センチの水位で浸水がありうる箇所が麹町駅周辺にありますが、それほど広くはありません。
犯罪に対してと同様に、災害に対しても強い街であると言えるでしょう。
 
半蔵門・麹町エリアの賃貸物件事情
治安と交通の便で光るエリアですが、生活費は高めにつきそうなエリアです。賃貸料も、やはりお安くはありません。
半蔵門・麹町エリアの中・低層型マンションの月額賃貸料平均値です。
・1R:12.3万円
・1K:12.6万円
・1DK:17.7万円
・1LDK:19.6万円

千代田区民の平均年収は港区に次ぎ第2位ですが、不動産の価格水準でも第2位の高さなのです。
単身者向けの物件をいくつか挙げましょう。
半蔵門駅すぐちかく、徒歩1分という立地の「ライオンズステーションプラザ半蔵門」というマンションがあります。1982年竣工の9階建てマンションですが、レンガ色を基調とした外観には重厚感があり、古さは感じさせません。部屋はフローリングの洋室6畳にユニットバス、キッチンスペースが付きます。宅配ボックスとオートロックもそなわっています。月額賃貸料は75,000円です。
麹町駅ちかくの物件を見ますと、徒歩1分の立地に5階建ての低層型マンション、「麹町三丁目ハウス」があります。1973年竣工で、緑と白の外観は少し古めかしさを感じさせます。しかしレトロスペクティヴな味わいがあるとも言えますし、竣工年から考えてオイルショック前に設計されたものですから、海砂を使っておらず、逆にそれ以降に建てられたものよりしっかりしているとも言えます。事実、部屋は洋室11.4畳と圧巻の広さを誇り、エアコン付き、バストイレ別という好条件に加え、キッチンスペースも洗濯機スペースもそなわっています。さらにオートロック、防犯カメラ、24時間セキュリティで安全も確保。これだけのスペックで月額賃貸料は97,000円です。半蔵門・麹町エリアでも、探せば安い優良物件があるのです。


四谷・四ツ谷・四谷三丁目の賃貸・物件・不動産

曙橋の賃貸

新宿御苑の賃貸